▲▲詳しくは,上のボタンをクリックしてください▲▲
    KIMURA(新キムラ)はローカル価格。
    セット料金無し,時間制限無し,指名料無し,最後は伝票による安心・明朗会計です。

    6pm~3am(HappyHour:6pm~8pm)住所:1511 M.H.Del Pilar st Ermita Manila
    電話:099752-77872  ヒメです、日本語わかります。
    【いつも応援頂き誠に有難うございます。】
    にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

    【◆◆◆ キムラからのお知らせ ◆◆◆】

    おはようございます、8月8日の土曜日です~

    bcIMG_6425zx480_20200807223027a84.jpg

    bcIMG_6464zx480_202008072247285dd.jpg

    bcIMG_6462zx480_20200807223025587.jpg

    以前の子供たちとの日曜日の食事会、

    マカティでのうなぎ屋さんに、

    8月4日からの規制の強化で、

    外出禁止の移動の禁止に。

    次回はいつの日に、

    なるのか。

    bcIMG_6465zx480_20200807224727b25.jpg

    bcIMG_6467zx480_20200807224726de2.jpg

    bcIMG_6429zx480_20200807223026053.jpg

    マカティもマラテも

    店内飲食は禁止になり、

    持ち帰りのみに。

    移動の不自由ないまは、

    売り上げは確実に減りそうです。



    みなさまおはようございます、

    土曜日の朝に、

    キムラの臨時休業も145日目になり、

    またまた厳格なロックダウンに戻りました。

    7日の感染者は3379名の増加です、

    厳格な規制の強化も、

    感染者の減少には繋がりません、

    公共交通機関の停止により、

    これから多くの失業者の増加には繋がります。



    比のコロナ感染者、東南ア最多に

    フィリピンの新型コロナウイルスの累計感染者数が6日、

    インドネシアを抜いて東南アジア域内国で最多となった。

    フィリピンは感染拡大を防ぐため、

    域内国の中でも厳格な外出・

    移動制限措置を実施しているが、

    政府が想定した通りの効果が出ているとは、

    いえない状況が続いている。

    両国の保健省によると、

    6日時点でフィリピンの累計感染者数は11万9,460人、

    インドネシアは11万8,753人だった。

    フィリピンの総人口は約1億1,000万人と、

    インドネシアの4割強にとどまっている。

    人口比を考慮すると、

    フィリピンの感染者数の割合が高いことが分かる。


    インドネシアは2,7億人で

    フィリピンは半分以下の人口です、

    コロナ検査の大幅な増加により、

    東南アジアで最多に、

    マニラの長期で厳格なロックダウンは、

    失敗しました。


    スーパーマーケットは慌ただしかった。

    外出・移動制限措置が再び厳格化される前日、

    「パニック買い」の長蛇の列ができていた。

    3月中旬の光景が頭をよぎる。

    銀行の支店前にも人、人、人。

    またあの暗い日々に戻るのかと考えると、

    気分が重くなった。

    ふたを開けてみると、

    意外にも街中は平然としているようにみえる。

    自動車の交通量は確実に減ったが、

    通行人は街中から完全には消えていない。

    がら空きの道路をキックボードや自転車ですいすい通り抜けていく人もいる。


    8月3日に親父も食材の仕入れで、

    カルティマに向かいました、

    買い物客は多かった。

    みんな同じで、

    買い物客がマニラ中で、

    多かったようです。



    コロナ対策の失敗より、

    治安の悪化が多発しているようで、

    飢餓状態も拡大中に、

    さらなる規制の強化で交通機関も停止に、

    店内飲食も停止により失業者も増加中、

    経済崩壊に向かっているのでは~




    【いつも応援頂き誠に有難うございます。】
    にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

    コメント

    コメントの投稿