▲▲詳しくは,上のボタンをクリックしてください▲▲
    KIMURA(新キムラ)はローカル価格。
    セット料金無し,時間制限無し,指名料無し,最後は伝票による安心・明朗会計です。

    6pm~3am(HappyHour:6pm~8pm)住所:1511 M.H.Del Pilar st Ermita Manila
    電話:099752-77872  ヒメです、日本語わかります。
    【いつも応援頂き誠に有難うございます。】
    にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

    【◆◆◆ キムラからのお知らせ ◆◆◆】

    おはようございます、10月1日の木曜日です~

    fgIMG_1161xv480.jpg

    fgIMG_1158xv480.jpg

    fgIMG_1154xv480.jpg

    マカティです、

    MRTで行きました、

    こちらもやはり人通ㇼは少ないようで、

    買い物客も少しなので、

    閉店の店舗も多いような。

    fgIMG_1191xv480.jpg

    fgIMG_1180xv480.jpg

    fgIMG_1172xv480.jpg

    レストランも客数の50%制限があり、

    満席の店舗はないけれど、

    半分だけ満席の店舗も見かけなく、

    レストラン以外の店舗の多くも、

    ガラガラ状態でした、

    とても採算ベースとは思えません。


    おはようございます、

    木曜日の朝になりました。

    いよいよ10月になりました、

    今月も規制の継続になり、

    いつまで経済低下は、

    続くのか、

    7か月目に入り、

    金欠状態も長くなり、

    収入の方法を考慮して、

    そろそろキムラも何かを、

    始めないといけないけれど、

    マニラの現状は厳しそう。



    比の感染者31,2万 死亡5504 回復25,3万

    日本の感染者84401 死亡1587 回復76684

    世界の感染者3370万 死亡101万 回復2340万

    30日の24時間の感染者は2426名の増加、

    感染者の減少傾向には、

    検査数の拡大により向かいません、

    重傷者に死亡者の減少には向かっておりますので、

    これからは経済復活しか、

    舵取りはないのでは。


    国際貨物便の8千ドル押収、

    税関庁のマニラ国際空港地区事務所は、

    フェデックスの国際貨物便で送られた、

    現金8千ドルが入った小包を押収した。

    同社倉庫の検査で、

    小包に入った料理雑誌に米ドルの、

    50ドルと100ドルの札がはさまれているのが見つかった。

    小包は米ニュージャージ州からラグナ州サンペドロ市あて。

    「通信物」と申告され、X線検査は通過していた。


    郵便物などに現金を忍ばせるとか、

    話には聞きますけど、

    郵便局員の抜き取りとか、

    税関検査もあるなら、

    危なくてこれからは送れません。


    オフィス周辺の昼時はカオスと化す。

    胃袋を満たそうと、

    企業の社員が一斉に道路に繰り出し、

    飲食店という飲食店は全て満員御礼。

    混雑を避けるため、

    3時のおやつに近い時間に「余り物」を求めて腹を満たしていた。

    それも、今となってはなつかしい。

    新型コロナウイルスのせいで道路も店も閑散となり、

    近くの飲食店に入ると、

    お昼時「第一号」の客になった。

    あれほどイライラが募った長蛇の列は、

    あっけなく消えた。

    いつもより客が少ない中では、

    カスタマーサービスも手厚い。


    いつかのコロナ後になった時に、

    これまでの営業形態とは、

    違ったものになるような。


    尊敬する人物、

    比首位は大統領、

    英インターネット調査会社ユーガブが発表した、

    2020年版「世界で最も尊敬される人物」

    ランキングで、

    フィリピンの男性版の首位はドゥテルテ大統領だった。


    中国大好きの大統領だけど、

    親父の見る目と違い、

    フィリピン国民には、

    人気があるようです。


    首都圏、夜間外出の制限解除へ協議、

    フィリピンのマニラ首都圏は、

    新型コロナウイルス感染対策で実施されている、

    夜間外出の制限解除について、

    次回の首長会合で協議する見通しだ。

    経済活動のさらなる開放を見据える。


    現在の夜間の外出禁止は10時以後に、

    なっておりますけど、

    深夜の外出が可能ても、

    経済回復を優先しないと、

    失業者多数では、

    外国人には治安の悪化が、

    恐ろしい。


    フィリピン麻薬取締局は9月29日、今年1月から、

    実施している麻薬撲滅キャンペーンで、

    逮捕した重要容疑者1,121人のうち、

    87人が政府関係者だったと明らかにした。

    33人は議員で、54人は公務員。

    他に軍人や警察官も11人いた。


    麻薬絡みの逮捕者に議員や公務員、

    軍人に警察まで多数、

    麻薬に厳しい大統領の人気が高いのも、

    わかるような~




    【いつも応援頂き誠に有難うございます。】
    にほんブログ村 大人の生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

    コメント

    コメントの投稿